テープの種類

テープ起こしは音声データなら大抵の媒体を依頼することができ、カセットテープで録音しなくてはいけない、なんてことはありません。
しかし、音声データと言っても色々ありますよね。具体的にどんな媒体ならOKなのか?依頼するにしても、最初から頼めない媒体で録音するのは手間が増えますから、出来れば避けたいところですよね。

使える媒体というのは主にICレコーダー、MD、各種音声データなどがそれにあたり、パソコンにマイクを通して録音したものやスマートフォンなどの録音機能などで撮ったものでも依頼することができます。一番使い勝手が良いのはやはりICレコーダーで、頻繁に会議を行うのであれば、一つ持っておくことをおすすめします。
反対に突発的にしかやらない、というのであれば、パソコンにマイク、などでも良いかもしれませんね。ただ、マイクの種類や性能によってどれくらい音を拾うのかが違ってきて、会議室の広さや参加人数によってはちょっと役不足になることもありますから、使う時はその辺りをよく考えて選ぶようにしたいところです。わからない場合は相談すればケースに合わせてどういったものを使えば良いのか教えてくれますから、問い合わせてみましょう。

Calendar

2017年6月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930